スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスペンダブルズ  逆コナン達の部室

エクスペンダブルズ
先日『エクスペンダブルズ(The Expendables)』を観てきました。先日って言っても2週間ぐらい前ですけどね。なんてったって、熱が冷めないもんですから、なかなか文字にできずにいたってわけです。熱ってのは風邪とかインフルエンザ的なものじゃあなく、スタローン熱だよこんちくしょーーーーーー!筋肉だよーーーーー!うおーーーーーー!


内容
この映画の内容だとーーー?そんなもん、ない。いや、あったかな。あったようななかったような。どっかの国にスタローン率いる傭兵部隊が行って悪そうな奴らを全部ブチ殺すってストーリーがひょっとしたらあったかもしれない。ん?それランボーか? ・・・って、そんなこまけーこたぁいいんだよ。知りたかったら観に行けばいい。


ちなみに俺は感動したぜ。そして学んだ。何を? 映画ってのは雰囲気も大事だってことさ。確かに今の邦画界を覗けば吐き気がするような「雰囲気だけの映画」が多い。実際俺もよく吐いた。雰囲気だけ美談。雰囲気だけ友情。雰囲気だけ純愛。雰囲気だけスタイリッシュ&クライムサスペンス。雰囲気だけスナッチ。雰囲気だけタラちゃん。雰囲気だけヴィム・ヴェンダース。他にも色々あって、そういうのを俺はたくさん観た。そうするうちに、雰囲気だけ醸し出してる映画に嫌気がさしてきたんだ。そうなったらもう歯止めが利かなくなり、いつしか俺は雰囲気を感じただけで作品を遠ざけてしまう習性が身についちまったんだ。でも今回俺が学んだのはそこだ。雰囲気を楽しむことだってできるってことさ。雰囲気ってのは、観る側の映画経験でもあったりする。この『エクスペンダブルズ』なんてランボーやらシュワちゃん的なのから戦争モノからロッキーから何から何までを踏襲した上での雰囲気を醸し出している。それを俺は無条件で楽しんだし、興奮した。決して遠ざけることなくな! そうさ、俺は胸を張ってその映画経験を楽しめばいいんだ。

だが、今上に挙げた邦画のクソ雰囲気映画はやっぱり嫌いだぜ。吐き気がするぜ。ウジ虫以下だ。なぜかって?わからねえ。スゲーって言われたくて作ってる気がするからかもしれねえ。岩井俊二が女にモテたくて映画撮ってるのと同じようにな。そういうの見ると吐き気がするぜ。

とにかく『エクスペンダブルズ』は興奮しまくりだぜ。あの傭兵部隊、身体は大人、頭は子どもで、まさに『逆コナン』だぜ(コナン・ザ・グレートじゃないよ)。絶対観れ!


エクスペンダブルズ  公式だぜ(音出るぜ)。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。