スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリスト  善き人のためのツーリスト

ツーリスト
先日『ツーリスト(The Tourist)』を観てきました。札駅のシネマフロンティアです。この映画、悪い噂しか聞こえないんだけど、お客さんはかなり入ってました。しかも老若男女まんべんなくいました。ああ、みんなわしみたいにどんだけヒドイ映画なのかを確認しに来てるんだなあ。それとも普通に期待して来てるのかなあ。アンジーとジョニー・デップ出てるからかなあ。どうなの? 実際悪い噂は聞こえてないのかなあ?
で、どんな作品かっていうと、監督は『善き人のためのソナタ(Das Leben der Anderen)』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクで、フランス映画『アントニー・ジマー(Anthony Zimmer)』のリメイク作となってます。ちなみにわしは『アントニー・ジマー』は未見です。観てからブログ書こうかなと思ったんですが、どうもこれ以降観る機会がない可能性もある(理由はお察し下さい)ので、手っ取り早く書いちまおうってとこです。


どんな映画か
てことで『アントニー・ジマー』はどうか知らないが、この『ツーリスト』はですね、もう簡単です。
「アンジーがジョニー・デップに仕事で愛想よくしたらがホイホイついて来たけどまんざらでもないわね」
です。まあ、国家的な『恋人までの距離(Before Sunrise)』みたいな、それでいて『アマルフィ 女神の報酬』みたいな。でもコメディがけっこう前面に出てるので(出ちゃってるのかな)、掴みどころがないような。
でも気合い入れてあらすじを書くとすると、謎の美女アンジーが列車でジョニーを誘惑し、ホテルで一夜を明かす。それを監視していた警察さんは、その男こそ手配中のアンジーの旦那だと認識する。ジョニーはわけもわからず誘惑されるがまま夢見心地だったが、見知らぬ男たちに命を狙われる。彼らはアンジーの旦那に金を盗られたマフィアだった。アンジーは追手の目を見ず知らずのジョニーに向けさせ本当の旦那と会おうとしている。はたして上手くいくのか。
てな感じ。続きは劇場で。


感想
上記で掴みどころがないって書いたんだけど、どうもハッキリ言って掴もうとする意欲が湧いてこないというか。そもそも・・・、いやあんまり書くとネタバレになるのだけれど、どうせラストで○○が○○だったって言うんならさあ、最初っからこそこそする必要ないじゃん。ていうかそのラストも見え見えだし。タバコとかちょっとわざとらしかったもん。あれで匂わせ過ぎてうんざりする。見せるのは一回でよかったと思う。あと、尾行バレバレだし。それともあれはフランス警察をバカにしてるって描写で良いのかな? フランス嫌いなアメリカ視点か?
ただし、前評判通りヒドイかと言えばそうでもないと感じた。アクションシーンも全然面白くはないが、最低でもない。展開もベタだが最低でもない。最低ランクの作品では決してない。だがそれがつまらないとも言えるかもしれないが。でも、それって前作の『善き人のためのソナタ』にも言えることのような気がする。あの映画は何故か評判良いけど、実はこの映画とそんなに変わらないよな気が・・・。監視する側と、男と女だし。まあでも見せ場はあったか。でも外国語アカデミー賞はホント信用できないんだよなあ。

ということで久しぶりの更新のくせに速攻忘れそうな映画について書いてしまった。でもまあ、イタリアとか行ってみたいなあ。運河とか良いよなあ。小樽運河も最高だけどね。


ツーリスト  公式です。
善き人のためのソナタ  amazonです。
アントニー・ジマー  amazonです。
恋人までの距離  amazonです。
アマルフィ 女神の報酬  amazonです。

スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。