スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェ 28歳の革命  ゲバラのほんの一部だよ

チェ 28歳の革命
今日は『チェ 28歳の革命(CHE: PART ONE)』について書こうと思います。『チェ 39歳 別れの手紙(CHE: PART TWO)』との二部作なんで、こっちは次にします。
監督スティーブン・ソダーバーグ、主演でエルネスト・ゲバラの役にベニチオ・デル・トロという、『トラフィック(Traffic)』のコンビで撮られた映画です。二人ともなんかおいしそうな名前ですよね。
詳しくは→cinematopics(ネタバレありかも)

まあ誰もが知っていると思うんですが、デル・トロ演じるゲバラは実在の人物で、キューバ革命に大きく貢献した人物です。その人柄とカリスマ性から今でも人気があって、Tシャツの柄になっていたり(笑)、革命の象徴になっていたり、こうして映画に取りあげられたりする人物です。

で、映画の話に戻りますと、『チェ 28歳の革命』(以下パート1)と『チェ 39歳 別れの手紙』(以下パート2)では完璧にテーマが違います(当たり前ですが)。パート1では主にゲバラの性格や思想の部分にスポットを当てた展開。パート2ではボリビアにおけるゲリラ戦がメインとなります。それでも撮影のしかたや編集などは一貫しているので、別物っていう気には全くならず、一本の長い映画を二つに分けた、まあ『キル・ビル(Kill Bill)』みたいなもんです。

では今日はパート1です。
カストロやゲバラがつるんでキューバに向かい、潜伏し、人民の心をつかみゲリラ兵の質を向上させ、中央にてバティスタ政権を倒すという部分までです。
なんですけどね、この映画、非常にわかりづらい演出をしているなあと思ってしまいました。どんな演出かっていうと、一つの文脈を伝えるのに複数の場面のシーンを費やすという方法です。要するに場面が飛び飛びなんです。今ゲバラが映ってなんか言ったと思ったら今度は別の場所にいる人のセリフが入る。それが結構頻繁に出てきます。これですね、インサートカットがあればまだ落ち着くんですよ。その場面の人物の場所の遠景を喋る前に挟むとかね。普通はそうなんです。
例えばこんなシーンを想像しましょう。部屋にいて友達から遊びに来いと電話がかかってきます。で、おーわかったよとか言います。次のシーンでいきなり友達の部屋だったらおかしいでしょ? だからその前に車に乗り込むシーンとか、或いは友達の玄関に到着するシーンを挟むんです。
ところが今作はそれがないために混乱すると思います。まあある程度ゲバラの知識があれば別ですけどね。わしは正直混乱しました。「え?これ今なの?」とか「ん?ゲバラどこ?」とか「ちょ!スカトロ(カストロだった)?」とかです。それに気をとられて、どうして列車が横転したのかだとか、そういう細かい部分(細かくないが)に気が向かなくなり、結局ゲバラの事もキューバ革命のことも何一つ『わかった気にならなかった』のです。ちなみにこの作品を観てゲバラの気持ちがわかったとか言ってる人もいますが、それは凄いことだと思います。そういう人は革命を起こすべきです。だって描かれてるのはゲバラのほんの一部だよ。

ただ、サンタクララでの市街戦はそれなりに面白かったです。あ、ちなみに言っておきますが、わしは基本的に戦争映画みて反戦意識をくすぐられる性質ではなく、逆に盛り上がってしまいます。戦争映画って臨場感出すことにはやぶさかじゃないですからね。勘違いしないでほしいけど、勿論戦争には参加したくないですよ。

PART2に続く    かもしんない。


チェ 28歳の革命  amazonです。
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。