FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの貧困はイメージとしてダメなのかな

映画を観る時間はかろうじてあるんだが、その映画についてあーだこーだ考えて書く時間が無い。
どうしてこんなに忙しいんだろう。どうしてだ? もっと楽に生きたいよ~。

ワールドカップ見てて思うんだが、たまに、貧困救済かなんかのCMが流れる(募金かな?)。その映像ってのが、黒人の子供たちが遊んでたり、いかにも、かわいそうな生活してるんですよという映像で、見ていて少し怖かった。

なぜ、恐かったかというと、つらい思いをしている子どもたちがこんなにもたくさんいてしかも自分の知らないところではさらに過酷な状況に身を置いた子どもたちがたくさんいるということを考えてしまうから、ではない。
そんなことで恐くなってたり、胸を痛めたりはしない。もちろん、楽しい事ではないかもしれないが、貧困がすべて不幸ではない。それに、かりに不幸でも、他人の幸、不幸にそんなに興味はない。
じゃあ、なにが怖かったかというと、人々のイメージする不幸が、かわいそうなこと、というだけにとどまっている気がしたからだ。言うまでもなく、CMというのは、イメージの勝負だ。短い時間に視聴者にインパクトを与えなくてはならない。しかも、わかりやすくだ。その点で、このCMが使用した映像は、貧困という言葉を体現した映像ということだ。
視聴者は、貧困と黒人の子どもを関連付けているのだ。しかし、それはおかしくはないか? 貧困で救済するのは、黒人のこどもたちだけなのか? アメリカのホームレスは? 大人が貧困なのは認められないの? 貧困は、中東では過激派の温床にだってなってる。 無論、中東だけじゃなく、犯罪、テロの温床だ。貧困というのはかわいそうな黒人の子どもたちということじゃなく、そういうことなのだ(どういうことだよ!?時間ないっす)。

もし、貧困という言葉のイメージが黒人の子どもたちなら、あなたの心が貧困です。AC。公共広○機構です。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。