スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ  THE・引っ越し

借りぐらしのアリエッティ
今日は『借りぐらしのアリエッティ』について書きます。わしが観に行ったのはシネマフロンティアです。言わずと知れたスタジオジブリの作品ですし、お客さんはかなり入ってました。それも若いカップルや小さい子どもを連れた家族、中年夫婦や女の子同士のグループやオッサン単品まで、幅広い客層でした。まあ野郎同士ってのはいませんでしたが・・・。反応的には、ちょっと泣いてる人もいたような・・・。


あらすじ
小人の少女アリエッティは両親と一緒に人間の家の床下で暮らしていた。小人は人間に見られてはいけないと親から教えられてきたが、ある日療養に来た少年に姿を見られてしまう。その日以来、少年が生活に関わるようになってしまい、アリエッティの家族の平穏が崩れ、引っ越しをしなくてはならなくなる。


感想
この映画、良いところはまあ少しあるんですけど、問題もいくつかあります。

良いと思った点
まず良いところってのは、アリエッティのキャラが良く描けている事。これは前作のキャラ「ポニョ」が全く客を突き放した宮崎駿のマスターベーションだっただけに、今回ではさすがにまずいと思ったのか、誰が見てもかわいいし、14歳という親離れをし始める心理状況も(そもそも人間じゃあないんだけどね)とりあえず利用できている。ポニョみたいに意味不明に好いてきて、唐突に世界を滅ぼしたりはできない、弱くて脆くて儚い少女という誰しもが感情移入できる設定にしたのは(てか原作にあるわけだが)正解だと思う。

それともう1カ所良い場面があって、それは少年がアリエッティに「小さい時から病気で何もできなかったから、君を見たとき守ってあげられたらと思ったんだけど、やっぱりだめだった。本当にごめん」(だいたいこんな感じ)のこと言うシーンです。これは要するに、『ゾンビランド(Zombieland)』(過去記事)でもそうですが、他人を守る事によって自己を確立する。『ジョゼと虎と魚たち』(過去記事)の時も書きましたが、自分が優位になった時に好感を持ってしまうという心理です。この少年は言ってみれば生まれてこのかた自分が他者の運命を握った事はなく、優位性を保った事がない人間だったがゆえに、アリエッティのような小さくて弱々しい存在に好感を持ったというわけです。これはホントに良いシーンだったし、心にグッと(泣くとかじゃあなく)きました。

悪いと思った点
これ書いてくとけっこうきりがないかもです。まず一つ、物凄く気になったのが、ハルがどうしてそんなにハッチャキこいて小人を捕えるのか全く説明がないところです。後半に、自分が昔小人を見た事が真実だったということを証明するため、みたいなこと言うんですが、それなら少年に隠れる必要なくね? それとも、電話する場面があるから『ムー』にでも連絡してるのかと思えば・・・ねえ? そんな気もさらさらないんですよ。だからこのオバサンの行動が全くイミフだし、どう捉えていいのか、例えばホラーに出てくるような基地外なのかどうかもわからない。惜しい。

それと、やはり脚本がちょっと平坦すぎないかなあ。正直全然面白さはないんですよ。序盤にネズミが出てきたり、まち針を装備したり、アクロバティックな動きを見せておきながら、全くアクションシーンがない。ネズミが出てきて、お父さんに「あれはやっかいだ」って言わせてるのに、その後すっかり忘れ去られたかのように出てこない。猫も、途中まであんなに攻撃的だったのに、いつの間にかなんの説明もなくすっかりなついてる。まあこのへんはいい。100歩譲っていい。ネズミにはどうせかないっこないし、アリエッティのスカートもどんどん短くなってくるからアクロバティックも見せれないってことにしときましょう。でもさ、物語中盤にスピラーという素晴らしくジブリ的なアクションキャラが出てくるじゃないですか! なんでこいつをいかさないんだーーーーーアアアアアアア! せっかく装備もバッチリ空も飛べるってのにーーーーイイイイイ! ずっと期待して観てたけど全然出てこねーーーーエエエエエ! これには非常にがっかりきました。腹も立ちました。どうしてわざわざ面白くないほうに進んでいくんだよ~。アリエッティと少年の交流を描きたいから? 小人の暮らしぶりを見せたいから? 自然は大事にしたいねって訴えたいから? そんなのエンタテインメントにしながらでも全っ然描けるよ。
トイ・ストーリー(Toy Story)』だってあんなに色んな事描いてるじゃないですか。ジブリだって以前はそうだったじゃないですか(泣)。あ~あ、ピクサーとはかなり差がついちゃったよな~。

それとさあ、まち針刺したら穴あくでしょとか、小人の声が少年までどうしてそんなに通るのかとか、小人の視点の時怪獣映画みたいに人間がゆっくり動くがそうじゃないときもあり一貫性がないとか、蟻ってもっとデカくね? とか、どうして少年はアリエッティが床下に住んでるってわかったのとか、色々あります。これらは「突っ込みどころ」というレベルじゃあなくて、リアリティの問題です。ファンタジーだからってなんでもアリ(蟻なだけに)ってわけじゃあないんですよ。かつてのジブリはそういう物語の中のリアリティを重視している作品が多かったのに、どうしちゃったんだろう。



締め
色々書きましたが、邦画の中ではかなり良いですよ(投げやり)。でももっともっと面白くできる素材だと思うけどなあ。これだと子どもが観ても楽しめないんじゃなかろうか。大人が観てもだけど。まあアリエッティは超萌えでなんでしょうね。っていうか宮崎駿、また異種間恋愛かよ。今回は少年の片思いだけどね。観て損とかは全然ないので、是非劇場で。


借りぐらしのアリエッティ  公式です。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。