スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳のラブレター  歳をとるということ

60歳のラブレター
久しぶりの更新になってしまった今回は、『60歳のラブレター』という映画について書こうと思います。ちなみにこれ観たのは最近なんで、細かい部分や正確な情報は書けないかも知れないので、思った事を書いていきます。っていうか、思ったこと書きたいんですよ!今は!


ストーリー(っていうか展開)
本作は3組のカップルに焦点を当てストーリーを進めていきます。1組目が仕事一本の中村雅俊と金持ちの娘で世間知らずの原田美枝子夫妻。2組目が魚屋の店主イッセー尾形と元気者の綾戸智恵夫妻。3組目が妻に先立たれた井上順と売れっ子翻訳家で独身貴族のアンパンマン(じゃなかった戸田恵子)の出会いです。3組目だけカップルじゃないので、正確には2組と2人に焦点を当てた、ですね。
でもって、ストーリーはですね、中村雅俊が定年退職して妻と離婚し、愛人と会社を共同経営し始めます。娘の反応を観る限りでは、この父親は家族を顧みなかったんでしょう。妻の原田は戸田恵子に連れられおめかしをし、作家のパーティーで石黒賢を魅了し新たな出会いをゲットします。イッセーは持病の糖尿病を克服するため、妻とジョギングをします。その帰り、楽器店のショウウィンドウにギターが飾ってあって・・・。まあこのギターがその後の迷(名)シーンを生むわけですが、それは後ほど。井上は、ええっと、なんだっけ、ああめんどくさいからDVD観て下さい。
goo映画(ネタバレなしよん)


感想
まず、映画学校に通ってるから云々じゃあなく、個人的に思った事を書きます(毎回そうだが)。ええっと観終わってですね、これ絶対年寄りの脚本と監督だろうな、って思いました。監督深川栄洋。脚本古沢良太。こいつら絶対60こえてるな。確実にそう思いました。どうしてかって言うと、若い登場人物が決定的に描けてないからです。中村雅俊の娘夫婦の中途半端な結婚観と反発心。感情が全然描けてなくて、まるっきり記号というか、年寄りが思い込んでるいわゆる若い人、まさに単なるステレオタイプなんです。主役じゃないからいいんだよ、と思うかもしれませんが、彼らがまったく味気ないので、ストーリーにスパイスがまるっきりきいてなく、平坦なものになってしまっています。これは井上順のJKの娘にも言える事で、彼女の性格が思いっきりステレオタイプで(もうほとんどロボットに近い)、セリフも行動もなにもかもがジジイが思ってるグレたJKになってます。
もうね、これを観れば絶対脚本と監督還暦こえてるだろと思ってしまいますよ。それか、もしかすると年寄りに媚びへつらってる若い連中か。そのどちらかだろうと思いました。・・・ハイ、正解は、後者でした。この二人若いんですよ。いやあ、これにはビックリしました。でも、納得するところもあります。例えば、中村が新しく勤めた企業が下降していった時に、急に陰謀説が浮上したり、その陰謀を企てた企業体がほとんどマフィアみたいだったり、ドラマ等の医学検証をする人を差別してたり(そんな人とは釣り合わないというセリフがあった)、主役のキャラを全部モノローグで説明しちゃってたり・・・。このへんはあまりにも浅はかで、ひどいというよりも、まあむしろ逆にギャグとして成立しているので、それはそれでいいかって感じもしますがね。無知で無垢な若者が年寄りの職人監督に認められたいがために媚びへつらってのし上がってきたんだなーというのがよくわかりました。


この映画最大の見どころ
ちょっと批判的な部分を書いてしまいましたが、この映画がダメとかそういうことじゃあ全然ありません。わしは結構好きな映画ですし、近年の邦画では素晴らしいという部類に入るのではないでしょうか。ですがこの素晴らしさ、イッセー尾形の「み~しぇ~る」を抜きにしては語れません。
まさしくこの映画最大の見どころは、イッセー尾形のギター弾き語りフラッシュバック(笑)にあります。物語もクライマックス。病気療養中の妻が眠ってる前で、院内に響く美声でビートルズの『ミシェール』を歌うイッセー。もうとにかく、涙なくしては観れませんよ。笑いすぎて本当に泣きました。いやあ、序盤でのギターを見るシーンがここで生きてくるとは、正直思ってもいませんでした。妻を呼び起こそうと歌うイッセー。妻を亡くしたくない思いが伝わってくるよ。み~しぇ~る。ショウウィンドウのギターを買ったのは妻だんたんだね。み~しぇ~る。・・・み~しぇ~る。・・・って、まだ終わらんのかい!ってぐらい延々とこの「み~しぇ~る」が続くんですよ。思い出しただけでも涙がッ!おもわずご飯が涙が噴き出してしまいそうです。

でも冗談抜きに、ちゃんと良い映画にはなってますよ。歌が下手になったイッセー。絵も仕事もダメになった中村。彼らは年をとり、何かを失いはしたものの、気持ちは意外と変わらない。普遍的といったら大袈裟だけど、年齢を描く場合はそういったもの、アレは失ったがコレは変わらないというものをうまく描写できるかで印象がずいぶんかわると思う。その点で、ラストはまあまあ着地できていたと思う。それからこれは映画でと言うよりも、むしろ自分達の体験として60歳を迎えてほしい、迎えたいという気持ちを持って観た方が、より心に響くかも知れないです。抱きしめたり、愛してると口に出すのは映画だけの特権ですから、現実として平穏無事に60歳を迎えられれば、なによりですよね(わしが年寄りみたい?!)。



まとめ
そもそもネタが良いだけに、多少描き方がおろそかでも伝わってしまうものです。ああ、もっと優れた監督と脚本家だったらよかったのになあ。なんだかもったいないよ。


60歳のラブレター  amazonです。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。