スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墨攻  脚本の構成

墨攻
先日NHKBSで放送していた『墨攻』を観ました。いやあそれにしても、NHKBSっていいですね。CMもないし、カットもない。フルで観られる上に色んなジャンルの映画を放送してくれる。『ダーティハリー』までやっちゃうんだから、素晴らしいですよホント。
ということで『墨攻』について書いていこうと思います。


ストーリーは?
昔むかしの中国でのお話です。どんくらい昔かというと紀元前370年という時代で、自動車もなければ自転車もなく、移動には馬を使用していた時代です。それなのになぜか主人公は徒歩でしか動かず、こいつだけ余計に時代遅れに設定されているようです。ていうか画的にそんなに馬に乗せたくなかったのかな。城門前まで歩いてきてさ、そこから城に入って行くのに徒歩なんだから、えらい時間かかるだろうなあ。まあそれは置いといて、その原始的な主人公ってのが、弱小国を大国の軍から守るためにやってきた墨家の人物、革離。え?一人ですか? って感じだが、彼は戦の天才で、十万の軍を相手に陥落寸前の梁城を守りきるというのだ。軍の統帥権を引き受け、それぞれに罠を仕掛け、策略と采配によって敵を撃退していく革離。何とか守り抜く事が出来たが、戦が終われば軍人は不要。革離は謀反の疑いを受け、彼に親和的であった人物が次々に粛清されていく。その隙を突くように再度趙の軍が攻めてきた。革離は決着をつけるべく梁城へと向かう…。
続きはDVDで。そして詳しくはgoo映画(ネタバレなし)


感想
まずですね、前半1時間は規模のでかい『ホーム・アローン』で、あちこちに仕掛けた罠で敵を撃退していく。たまにおっとっと危ない危ないっていう場面があって、でもどことな~く安全で。『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』をやりたかったんでしょうね。まあ面白い前半です。
でも、そこからがキツイ。後半は主に心理戦というか、人間の汚い部分で争い事が進んでいくという内容なので、それぞれの思惑が非常に大事になってくる。例えば梁の皇帝だったら自分の椅子を取られないようにするだとか、その側近だったらいかに皇帝に気に入られるかとかだ。
しかし墨家にはなにもない。冒頭から彼が人間としてではなく聖人として描かれているから、万能すぎて危機感が伝わってこない。要するに感情移入できない。いくら国のお偉方に追われていようと、身内から命を狙われようと、心に響くようなサスペンスはない。なぜなら聖人だから。様々な危機を必ず打開していくだろうし、もし打開できなくとも聖人がその敗北で苦しみのたうちまわるようなことは決してないからだ。人間ドラマを一時間もみせたいのであれば、彼を一人の人間としてもっともっと丁寧に描く必要があった。
それともう一つ、前半に派手なアクション、後半で人間ドラマという構成は非常に難しい。カタルシスを得られないからだ。前半でドラマをみせておいて、後半で一気に持って行く。古い映画を観てもだいたいはこの構成。ドラマを入れるのならこの映画もそうすればよかった。前半で色々もめて、それぞれ疑心暗鬼になって、後半で思いっきり戦いまくるの。『ワイルドバンチ』じゃあないけどさ、かなり良いアクションに持って行けたと思うなあ。

でもまあそもそも話の大筋が幼稚すぎる。原作がそうなのだろうか。漫画なら楽しめるかもしれないが、映画だと笑えないコメディになってしまう。墨家が平和を歌っていて傭兵みたいなことしてたとか、一人で大軍を追い払うだとか、金にも興味がないだとか、ジョン・レノンじゃあないんだから。ジョン・レノンだって豪邸に住んでて大金持ちな生活送っててああやって言ってたんですからね。軽井沢で悠々自適ですからね(ジョン・レノン大好きですよ)。だが細かい演出は良かった。戦車がきちんと走っていたり、死体をどかして門を閉めたり、城攻めの描写はまあまあだった。ていうかさ、城攻めをもっとしっかり描いて、それでこの映画終わりにしておけば良かったんだよ。後半の話いらないもん。革離が趙を撃退して終わればいい。そうすればもっと短くできるし、城攻めに特化した映画にもなる。

それとさあ、こういう話で女性兵士出ると必ず無条件に正しいよね。それやめない? しかも女性兵士が剣を振っただけでどうして敵が死ぬの? えいってやっただけでどうして死ぬの? 寒天じゃあないんだからさ。それもやめない? リアリティをどこに設定してるのかわからなくなる。


どうしても二時間にしたいってなら、前半でホーム・アローン、後半でもホーム・アローン2っていう構成にすれば面白かったんじゃないかな。ビッグマックみたいだけどな。


墨攻  amazonです。
ホーム・アローン  amazonです。
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔  amazonです。
ワイルドバンチ  amazonです。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。