スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白  女教師の告白~究極の生教育~

告白
ネタバレします。









ちょいと思うところあって『告白』を再度観た。2010年の作品で、監督・脚本は『下妻物語』などの中島哲也。主演は松たか子です。去年の事だったけど、映画館は結構にぎわっていたと思う。わしはというと、原作を先に読んでいたので、正直期待していなかった。というのも原作が小説としてつまらなかったし、そもそも物語として全然魅力を感じなかったからで、これを映画化したところで盛り上げようがないと踏んでいたからだ。
詳しくは→goo映画


映画の内容
終業式、中学校1年B組の担任教師である森口(松たか子)は生徒の前で、自分の娘の死について淡々と語り出した。皆さん牛乳を飲みましょう、といった語り口調とまるで同じように。娘は警察の判断によれば事故死だが、実はこのクラスの生徒2人によって殺された、そういった内容だった。それまで騒がしかった教室が凍りつく。それと同時に誰彼問わず、ひそやかに犯人捜しが始まる。携帯で、または耳うちで、それぞれが名探偵になったつもりか。森口は名前こそ出さないが、特定できるようにその二人についての「告白」をし始める。勉強が得意なA。何をやってもダメなB。教室の名探偵たちはすぐに見当をつけた。そして森口は、彼らに生きることの重みを教えるために、牛乳にHIV感染者の血液を混入したと告白した。そしてその学校から去った。
新学期が始まり、森口の告白の影響は徐々に出始める。新しく入った熱血教師のウェルテル(岡田将生)。欠席を続けるB。周囲から嫌がらせを受けるA。そしてその巻き添えを食らう生徒会長のミヅホ(橋本愛)。ミヅホはAとお互いの傷をなめ合うように交際を始める。しかしAにとってはしょせん暇つぶし、母親の事でミヅホに否定され、ミヅホを殺害する。ウェルテルは執拗にB宅への訪問を続け、その影響からBは母親との関係が崩壊し、人格までも破綻していく。やがて母親がBを殺そうとするが、逆にBに殺されてしまう(正当防衛だよん)。
ミヅホを殺した後、Aは自分を捨てた母親に認められるために、犯行予告をネットに流し、学校ごと吹き飛ばす爆弾を体育館にセットする。壇上に上がり、スイッチを押して全校生徒を巻き添えに自爆する計画だ。だが爆発は起きなかった。その時、森口からの電話が来る。爆弾は母親のところに置いてきた、あなたがスイッチを押して大好きな母親を殺したのだ。Aは気が狂ったように叫び出し、そこへ森口がやってきて、Aに語りかけた。


感想
まずこの作品を素直に映画として評価できるかどうか、これは絶対、というかどうしても分かれると思う。普段から映画をたんなるテレビの延長線上のものとして観ている人たちにとっては、さほど気にもならないだろうし、映画とテレビドラマの明確なボーダーラインもひいていないだろうから、いかに大画面の大音量で観たとしても、おそらく作品を素直に『映画』として受け入れることができるだろう。
だがわしはそう思えなかった。この作品を大画面大音量で観れば観るほど、映画とはまるでかけ離れた作品だと言う感じがした(今回は部屋で観たけど)。それはこの作品の演出上、説明的な部分が多すぎるからである。
この作品を観た人ならわかると思うが、全編通しのモノローグ、これはやはり説明過多な傾向だと思う。映画を観ている人ならおそらく皆共通すると思うのだが、まずはやはり映像を観て感じ取るはずだよ。それである程度理解する。誰がどこにいて何をしているかなんて、だいたい1カットで押さえちゃっても全然OK。そこに台詞が入ったり動きがあって、リアクションする。カメラはそこを映し、観客はその表情をみて感情を読み取る。そんなことは当然の事で、表情は言葉以上にモノを言うから、よりいっそう観客心理の深い部分に届く。
ところがそれを台詞で説明しちゃうと、言葉以上のものが伝わらない。例えば、「ウェルテルが来て…みんな呆れてた」って説明する。でもそれは言わなくてもわかるんだよね。熱血教師が来て、みんながダレてるカットを挟めばその状況は観客に伝わるよ。言葉で言うと、呆れてるって事だけしか伝わらないし、映像に説明台詞乗っけると余計に説明過多になり、観ている方は嫌気がさしてくる。この作品は良くも悪くも映像での説明が最低限できていたので(特徴的ではあるが)余計にだ。『ディパーテッド』なんかは案外似たような映像で進行していたと思う。それでいてモノローグもなかったし説明台詞もほとんどなかったけど、充分に伝わった。あ、もちろんスローモーションとかの映像効果の話じゃあないよ。

何度も言うように説明過多な演出というのはテレビドラマによくある演出で、要するに家事をしながら見れたり、ご飯を食べながら見ても伝わるようにする演出だ。だけどそれを映画でやっちゃうと、集中する意味がなくなって、途切れてくる。この作品は全編に渡ってそれだし、モノローグという最大の説明台詞で進行していくので、わしなんかは森口の最初の告白が終わったところで嫌気がさしました(もうわかったからという気になった)。

ところが、この説明台詞はきっとテレビ向けの演出を狙ったものではないみたいだ。ってのは原作からしてそうだからってのもあるけど、おそらく人物の性格を描写するための一つの台詞なんしょう。ミヅホがウェルテルが来てみんな呆れてるって言うのは、生徒が呆れてるってことを観客に伝えたいんじゃあなくて、ウェルテルと生徒の間でミヅホがどう思ってるかというのを表現したい、簡単に言えばミヅホはこんなこと思うような奴ですよというのを表現してる台詞なのだ。そんなこと言ったらどの台詞にもそういうのが含まれているべきなんだけどね。台詞考えるときってその言葉よりも喋る人間をどう表現するのかってのの方が大事だから、当たり前なんだ。

でもここまで説明過多でモノローグってのは原作がそうだから、ある程度はしかたがないのかもしれない。原作の小説はほんと稚拙な文章で、しかも登場人物がみんなステレオタイプで、なんていうかわかってない人が考える今の少年少女とその母親と傷を負った教師と熱血先生で、わしはこいつらみんな『踊る大捜査線』に犯人として出てきそうな奴ばっかりだなと思いました。例によって簡単に爆弾作っちゃうしさ。あのねー、テロリストだってそんな破壊力の爆弾作るの大変なんだよー! まったくこの辺がステレオタイプで面白みがない。だからこれを映画化するならもっと思いきらないと厳しかったかも知れない。たとえばモノローグを利用してミュージカルにするとか、ファンタジー色を強めるとか。『嫌われ松子の一生』とかぶるかなあ。これなら告白する人が変わるたびに全く違う雰囲気を出せるし、色を付けれる。だってストーリーで盛り上げるのは厳しいよ、これ。
あとさ、ウェルテルの役ちょっと違わないかな。個人的にはもっともっと熱血で浮いてていいと思うんだけど。そういう教師いたよ、だって。

でも映像の特徴としては、この原作なら無難によくやったと思うこともできる。スローで牛乳が床に落ちていき破裂するイメージは個人的にピッタリだった。画面も青味がけて暗い印象を出しーの、人物はバストショットばっかり。被写界深度も浅く(ピントが合っている範囲が狭い)、人物を際立たせつつも客観視点、より深く入り込まないように(感情を排した)距離を保っているのだろうか、とも思えた。なんとなく映画を観た後に冷たい感じと後味が悪い感じがするのは、こういった映像のギミック。
でも、逆に生徒の区別がつきにくくなっているのも事実。みんな似たような輪郭だし顔も髪型も大差ないので、ちょっと混乱もした。無論それも演出で、あえて混同するように個性のない人をまとめたのかも知れないが。だから群像劇というよりも、メンヘラ女教師の事件簿、といった感じか。


もしこの作品が映画として評価されるのであれば、今後の邦画の方向性を憂えてしまう。でも一般の評価は高いんだよね。恐ろしいなあ。なぞることしかできない個性のない監督が、この演出を真似てしまえばそれはもうホントにPVになってしまうよ。劇場でPVを観るってのも、まあ悪くないか? でも2時間のPVはキツイでょ? 『スリラー』なら良いけどさ。


告白  amazonです。
下妻物語  amazonです。
ディパーテッド  amazonです。
嫌われ松子の一生  amazonです。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。