スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊星からの物体X  雄星よりもS○X

一応ネタバレしそうです。
古い作品なのでDVDで観て下さい。









遊星からの物体X
西武ライオンズの雄星選手が一軍で初登板したそうです。わしは地理上、日本ハムを応援してる身なので西武の事はあまりよく知らないが、菊池雄星の名前は知っていました(高校生ドラフトで有名だった)。ですがそれ以前に雄星と聞いて浮かんだのがこの『遊星からの物体X(The Thing)』という1982年の映画でした(どうでもいい前置だな)。監督は我らの巨匠ジョン・カーペンター、そして主演は”スネーク”ことカート・ラッセル。ちなみに音楽はエンニオ・モリコーネでした。わしは今までてっきり音楽もジョン・カーペンターだと思ってました(やってる作品も多い)。
ちなみに『遊星よりの物体X』じゃあないよ。元ネタは同じだけど、こっちのは1951年だから。
詳しくは→goo映画(ネタバレなので注意)


わし的ストーリー
まず簡単に言うと、閉鎖された空間に危険生物が紛れ込んでくる、という話。そこに、生への執着、共同作業、疑心暗鬼、戦闘や科学的な解明やらが入ってドラマになる。
ではもうちょっと詳しく。
冒頭でノルウェー人(らしい)がヘリで犬を追跡し狙撃する。まあもちろん当たらない。そんな揺れるところから小さくてちょこまか動く標的に当たるはずもない(よっぽどでないと)。そして犬は主人公たちのいる南極観測基地まで逃げ込んで保護される。追っかけてきたノルウェー人は何かよくわからない喚き声をあげておっ死に、そのホトケを保護される。
 ノルウェー君に一体何があったのか、真相を探るべくノルウェー基地に向かう主人公ラッセルと他一名。そこには、自殺したままの凍りついた死体と、とんでもなく変形した人間みたいな生物の焼死体があった。何か異常な事が起こったらしい。彼らは焼死体と、記録フィルムをお持ち帰りにした。
 観測基地に戻り焼死体を観賞。改めてこのとんでもない匂いと造形に、気が狂いそうだ。しかも犬はちょこまかと動き回る。全く落ち着かない隊員たち。・・・ところがその犬ってのが実は犬じゃあない。犬の形をした、まあしいて言えば物体Xで、グチョグチョのドロドロのニョロニョロに変身しては基地内の生物を食ってしまう。いや、食ってしまうんじゃあない。取り込んでしまうんだ。追ってきたノルウェー君はそれを知ってて射殺しようとしてたみたいだ。
 こいつぁヤバイ、取り込んでしまえば姿かたちをそっくりそのままに変形できるらしい。だから犬は犬のままだった。しかもこいつは細胞の隅々まで生命力がある。ようするに、傷に入ったりすると感染しちまうってことだ。だが待てよ、ってことは、知らない間に隊員に化けてるってこともあり得るのか? 誰が人間で、誰が物体Xなんだ? そしてそれを証明できるのか?
以降は内緒


感想
いやあ、良いね。この閉塞感。人間不信。なぞの爆発(焼けるんじゃなく爆発。『ヴァンパイア/最期の聖戦』でもヴァンパイアが日光当たって焼けながらいきなり爆発する)。そして何よりグチョグチョのドロドロのニョロニョロのベチャベチャでグワァ~な感じの造形。そして蟹さん(蟹江敬三じゃあないよ)。こういう映画に共通な「怖いしグロくて笑える」という三つのツボをきちんと丁寧に、そして個性的に抑えてくれる、まさにお客様のニーズに的確にお応えできる作品です。そしてそれがジョン・カーペンターの長所です。
よく、勘違いしてる人がいて、カーペンターを癖のあるちょっとヘンテコな監督と言う人がいますが、わしの印象は少し違ってて、上記で書いたように非常に丁寧な演出と展開をする監督さんです。この映画だって、第一幕で何が起きた(状況説明)、二幕で何を及ぼした(ドラマ性)、三幕で何をした(決着・クライマックス)、そして締め、ときっちりしてますし、伏線の張り方も台詞で入れるなどしている。音楽の使い方もうまく入り込めるように普通に使ってるし、カット割りも特徴はない。至って普通の優秀な監督です。
ですが、ちょっぴりヘンテコかもなって部分は少しはあります。でもそれは手腕じゃあなく、映画の内容です。言ってみればこの人、B級ばっか撮ってます。頑固者なのかあまり資金が回ってこないのかわからないけど、B級の当たらないようなプロットの映画ばっか撮るんです(当たらないってのは大衆受けしないってことね)。言いかえれば一部の人には当たるってことだけどね。それで最初に「我らの巨匠」って書いたんです。

とまあそれはいいとして、この映画はとにかく造形が凄い! こういう合体モノとか変形モノって、いかにカタチが出来上がって行くかを見せるのが非常に大事で難しい。どんなカタチになるかってのは、実は誰でも考えられるから意外に簡単にできちゃう(この映画のは凄いけど)。本当の勝負どころはどのぐらいの尺で、そしてタイミングで、変形していき、それをどのショットで見せるか。これに尽きる。序盤の犬のシーンでは、顔が開いて、変形していき、背中から触手が出る。これを周囲の犬の吠えるカットを挿みながら見せていってる。大事なのはここ。犬のリアクションあっての変形です。『ザ・フライ』でいう脱皮シーンでのヒロインのキャーです。それを、まずはできるだけ寄って撮る。皿に盛った料理の写真を撮るぐらいの画角で。あれも画面いっぱいに入るように撮るんですよ。そうするとおいしく見える。でも、バランスを崩さない程度にです。タイミングは、テキパキです。変形したらリアクション。中から出てきたらリアクション。触手が出そろったらリアクション。これが基本。リアクションが逃げ腰になったら引いてよし。
とまあ、S○Xサイコー! テンション高し! え?SFXだよ。


まとめ
思えばこの映画、寄生獣、バイオ5などなど、かなり影響与えてんだなあ。日本のゲームって映画を上手に取り入れてるよなあ。サイレント・ヒルだって『ジェイコブス・ラダー』を参考にしたって話だしね。怖くて苦手だけどねあのゲームは。


遊星からの物体X  amazonです。
遊星よりの物体X  amazonです。
ヴァンパイア/最期の聖戦  amazonです。
ザ・フライ  amazonです。
ジェイコブス・ラダー  amazonです。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

Takさんへその1

指に針をッ! いッたそ・・・。
血が生きているッ! ってんなら、寄生獣(漫画です)みたく髪の毛も抜いても判別つくんでしょうね。

タランティーノはこのころの映画を観まくって自身の作品に反映させてます(オマージュ)。ですからキャラが立ってるんでしょうね。キルビルとか最高です。あの映画は日本のB級作品や香港のショウブラザーズをタラちゃんが若い頃に観まくってて、そればっかり真似して(何度もしつこいがオマージュ)一本の作品にしてます。ああ、また観たくなってきた。

お邪魔します

二度目のコメ、失礼します

遊星からの物体X、おもしろいですよね!
小学生の頃に兄とビデオで見て、兄に指を針で刺され血を採血されたのを思い出します。

撮影やストーリーの組み立てなどの技術的な事はわかりませんが、ジョンカーペンターは大好きです。
ヴァンパイア/最期の聖戦やハロウィン、ボディーバッグスやゼイリブ、マウスオブマッドネスやパラダイム…

作品中の音楽やキャラクターも好きだし、雰囲気がとても好きです。

この頃の映画って、私の偏見かもしれませんが、CGなどが発展してないぶん、内容がしっかりしてたり、キャラクターがタランティーノの映画の様にしっかりしてる気がするんですよね
素人考えで申し訳ありませんが

管理人さんの日記、楽しいのでこれからもお邪魔させてもらえたらと思います。

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。