スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイティ・ソー  モーじゃないよ

マイティー・ソー
久々の更新になりました。時間がたつのは早いなあ。ということで先日『マイティ・ソー(Thor)』を観てきました。ちなみに観客はわしと連れの他に一人でした。てことは3人です。まあ確かに平日の昼だし、納得の貸し切り状態ですかねえ。でもその一人ってのが50過ぎのおばちゃんだったってところが不思議。なぜおばちゃんがソーを? 筋肉を観にか? それとも浅野忠信目当てのマニアックな人? アメコミ好きっていうとオタク系男子かクソガキ系男子か知ったかぶり男子(要するに男子)が好んで足を運ぶもんだと思ってたが、意外な客もいるもんだなあ。うれしいこと。じゃんじゃん劇場に行きましょう。金があれば・・・(うぅ)。
てことで簡単な情報。監督はケネス・ブラナー。主演はクリス・ヘムズワース。そして重要なのが原作がマーベル・コミックだってこと。アメリカの少年が読んでるヒーローモノ漫画ってこと。少年ジャンプみたいなもんだと認識していいと思います。そしてその原作は北欧神話をベースに書かれているってこと。男子が好きそうでしょ~。


わし的ストーリー
神の世界で次期王様になる予定だったソーさん。でも乱暴者な性格が災いして隣の巨人さん一家と喧嘩してしまい、父であり王様でもあるキム・・・じゃないやオーディンさんから地球へ追放されてしまう。地球ではソーさんの力は並みのマッチョと同等なはずで(それでも以上に強い)、飛んだりワープしたり神っぽいことはできない。でもソーさんを拾った天文物理学者のナタリー・ポートマン達に興味を持たれお互い慣れ合う。同時に他の地点でソーさんが使ってたハンマー落下し、謎の組織が動き出していた。一方神の世界では、ソーさんの弟が調子こき始め、しかも父親はぶっ倒れた。こんなことぐらいで混乱する神の世界に嫌気をさしたソーさんの部下たち3~4人と調子こいた弟が送り込んだ巨神兵が地球にやってきてヨロシクやる。巨神兵を倒した後は神の世界に行って弟とヨロシクやる。そして終わり・・・だったかな?(劇場へ)。


感想
マーベルコミックということで、例のアレも出てきます。そうです、アレです。説教はしませんが、出てきます。わしはハッキリ言って、もうそういうのウンザリするんです。なんだろう、いちいち繋げなくても良くね? って気になるんですよ。もうそれ『アイアンマン』の時もそうでしたが、映画一本で勝負する気がないように感じられる。ようは今作も『アベンジャーズ』へのステップだってことに収まるわけですよ。それって映画一本2時間かけて観てきて、ハイただの前フリでしたって言われるってことですからね。辟易します。まっちゃんの自分みせつけ映画並みに辟易します。勘弁してほしいわけですよ。もうそういうのは『20世紀少年』だけにしてください。あ、まっちゃんの映画については後日書きます。これ、自分への宿題です。

とまあ例のアレについてはこのへんにしといて(好きか嫌いかだものね)、映画自体どんなだったか。
う~ん、なんの面白みもないけど退屈でもないし飽きるってこともない。音量とCGと高速カット割りでできた安心安全のアメコミ映画で、それなりにキチンとはできているように感じられる。だけど実はキチンとできているのは上辺だけで物語を進行していく上での感情の動きや変化などはほぼ説明なし。アメコミだから、神だから、イケてるから、という観客の想定に全て委ねられてしまっているから、何でもありっぷりが当然のように横行する。設定が神だから、それ自体が説明になってしまうという難しい面もあるぶん、そこにはもっと厳しい縛りを設けるべきだったと思う。例えば人間に恋をしたら王様になれないとか、他の神に殺されるとか。人間に恋をするということは平等じゃなくなるってことだからね。その辺りはもっとつついてよかったんじゃないかなあ。でもまあ映画のコンセプトがアクションと『アベンジャーズ』のステップだから、ドラマ性は抜いたのかもしれないな。わざと中身すっからかんにしたってこと。そういう映画増えてるよな~・・・。


まとめ
え? 浅野忠信出てたの? ってぐらい見せ場なかったですね。たまに顔抜かれるぐらいでした。まあそこが重要なのでしょうかねえ。東洋の神秘を体現させたかったのでしょう。oh~ninja~! とかね。ニホンジンの我々が観ても浅野忠信のカットで東洋の神秘は感じませんからね、あんま印象に残らないんでしょうね。


マイティ・ソー  公式です。
アイアンマン  amazonです。
20世紀少年  amazonです。


スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。