スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏時間の庭  必殺「画面が美し~」

夏時間の庭
最近北海道もかなり暑くなってきました。まさに夏です。ということで今日は『夏時間の庭(L'Heure d'été)』という2008年のフランス映画についてちゃちゃっと書きます。そうです、得意のフランス映画です。大好き(!?)です。フレンチノワール万歳です。ヌーヴェル・ヴァーグも万歳です。『エマニエル夫人』はなおさら万歳です。ということで『夏時間の庭』監督はオリヴィエ・アサヤス、わしがちょっと好きなジュリエット・ビノシュも出演してます。主演じゃないですが主演みたいなもんです。それともう一人、ちょっとびっくりですがカイル・イーストウッドも出てます。クリントの息子です。なんででしょうかね~。
ちなみにこの映画、オルセー美術館開館20周年記念の作品なんだって。どうでもいいけどね。
詳しくは→goo映画(ネタバレあり)


簡潔ストーリー
どういう話かというと、母親が自分が死んだら売るようにと残した美術品を3人の子どもらはどうするのか? というものです。そこにそれぞれの立場や性格、人間関係が絡んできます。
長男は美術品を売りたくないがグレた娘がいて大変。次男は中国に働きに行くから売っちゃって結構。長女の金髪ジュリエット・ビノシュもアメリカで働きながらイーストウッドの息子としっぽりやるから売る派。てことで・・・。


感想
それだけ? と思うかもですが、親の残した遺産や自分たちが育った家の存続という話は、とても重いです。どうして重いのかということもこの映画では語っています。それは世代の変化、受け継いでいく過程をどうスムーズに行うのかという「時間の流れ」を描写しているからです。「時間の流れ」というのはすなわち「死」です。人は死ぬからその所有物が残る。それが美術品だったり、イーストウッドが『グラン・トリノ』で描いていたように「魂」だったりする。
 ところがこの映画では、母親がその遺産を受け継がせようとしない。なぜなら、自分の残した所有物で息子達を縛りたくないからだ。このへんの描き方がとても上手いと思った。ていうかすごく共感できた。こういう母親いるよねって思ってしまった(母親は一人しかいないのに)。もちろんそこに至るまでの性格描写をしているからなんだろうけど、妙に納得してしまった。一人で寂しそうに生活する母親と、せわしなく働きまわる息子たちの対比。誕生パーティでの絡み加減で彼らの関係が観客にしみ込まれていく。母親は皆が自分に気を遣っていることに気付いてる。自分が愛する息子たちに出来ることはなんなのか、それも気付いてる。そう考えると、切ない。

そして物語ではそれら美術品をどうするかという局面に向かう。花を挿している花瓶ですら貴重な品らしい。だが花瓶は飾るより使ってこそだ、という『トイ・ストーリー2』みたいなことを言う。『トイ・ストーリー2』は玩具は遊んでこそだ、って感じでしたね。その辺もなかなかでした。


まとめ
・・・と、珍しく良さげなこと書きましたが、ドンパチもおっぱいもないです。いわゆるインテリ映画です。わかったふりする人が観て 「画面が美し~」とか「カメラマンがすばらし~」とのたまう系です。まあ画面が美しいだけで2時間もつわけありませんし、カメラマンの頑張りのみで全て描ける作品なんてありませんけどね。映画は総合芸術ですし。この作品はそこそこストーリーがしっかりしてるので、映像に必然性が生まれるんですね。引き立つんです。
にしても、ラストでどんちゃん騒ぎする中グレてたガキが爽やかに塀を越えてヨロシクってシーンがあるんだけど、わしは蛇足に感じてしまった。ちょっと押しつけがましさを感じたのと、そのラストシーケンスの尺が長い気がした。ここはほんの1カットぐらいの演出でいいと思う。どんちゃん騒ぎしてる中カメラがクレーンで引いてって少女が塀を飛び越えてるの。それを観て観客は静かな骨董品みたいな家が今はロックで若者たちの溜まり場に変貌したってことがわかる。世代交代ね。でもこの映画では長い。延々とどんちゃんやって、たらたら少女が森に向かう。ラストだけ妙にコッテリ演出になってしまっている。ちょっと気持ち悪かった。って、好みの問題か。


夏時間の庭  amazonです。
エマニエル夫人  amazonです。
グラン・トリノ  amazonです。
トイ・ストーリー2  amazonです。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。