スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガン零年  本日傲慢注意報発令

アフガン零年
今日は『アフガン零年(Osama)』という映画を紹介しようと思います。2003年のアフガニスタン映画ですが、日本も絡んでます。たしかNHKが出資してると思った。ほんでもってゴールデングローブ外国語映画賞を受賞してます。カンヌでもカメラ・ドール(新人賞)を受賞してます。カンヌはこういう社会派に目がないので・・・。おっと、あまり突っ込まないようにしておこう。
ということで詳細は→goo映画(DVD是非観てね)


ストーリー
タリバン政権下のアフガニスタン。アフガンっ娘のオサマちゃんは12歳の女の子。ううん、12歳と言えばそろそろあんなことやこんなことが起こり始める年頃だよね! そんな多感な年頃なんだけど、お父さんを戦争で亡くしちゃってて、家には祖母ちゃんとママとオサマちゃんの3人しかいない。おまけに家は厳格なイスラム教だから女性が外出することもできないので、家族の働き手が一人もいない状況なのさ。このままじゃあ生活していけない。そこでママは考えた。オサマを男の子に変装させよう!
家族のため、そして自分が生きるために髪を切り、趣味じゃない男装までしたオサマ。そんなかわいそうなオサマはパパの戦友のもとでミルク売りの仕事につく。
「やべえ、タリバンに見つかったらぶち殺される。道を歩くだけでも周りの目が気になるし、お香屋の少年が接近してくるし、お祖母ちゃんはわけのわからんおまじない言って誤魔化そうとするし、日本じゃ女の子が男装して『花のイケメンパラダイス』とか言ってるし、全くわたしの苦労も知らないで!」
そんなある日、タリバンが強制的に町の少年を全員宗教学校に入れさせちゃう。もちろんオサマちゃんも男装してるもんだから連行されちゃう。ピンチだオサマちゃん! この局面をどう打開する!? そう思ってたらもっとピンチになってきた。全生徒が裸になって風呂に集合だよ。しかも性教育始めたよ。オサマちゃん、これはマジで絶体絶命の大ピンチだ! でも映画だもん、きっとヒーローが助けに来てくれる。お香屋の少年とか・・・。やがて周囲からも疑われ出す。お前女だろ? そしてかわいそうなオサマちゃん、井戸に吊るされちゃったよ。その時、股の間から血が! 12歳と言えばそろそろあんなことやこんなことが起こり始める年頃だよね。それがこんな時に。
続きはDVDで。


個人的感想
まず言っておきたいんだけど、わしは出来ることならみんな幸せになってほしいと思っている。それと、『地雷を踏んだらサヨウナラ』(過去記事)とか『未来を写した子どもたち』とかの関係で少し写真や途上国の本を読んだんだけど、いくら貧しかったって、いくらつらい境遇だって、決して不幸だというわけではないし、どんなに貧しくても、教育を受けていなくて小さい頃から働きづめでも、カメラを向ければ良い表情をする人はする。大都会で時間に追われ何もかも他人に支配されてる人やお金ばっかり追いかけてる人にだって同じことが言える。つまり他人を救いようのない境遇だと勝手に決めつけたり、その人が不幸でかわいそうだと、わしらが偉そうなこと言えるようなツラじゃあないってこと。それがまず大前提。
 それを踏まえて、この映画が次から次へと仕掛けてくる「かわいそうでしょ~」という演出をわしは個人的に嫌悪する。写実的にしろなんにしろである。写実的にするのならば、もっと家の中の場面を増やすべきだ。「タリバンの奴らは女の敵だし、この娘は女の楽しみを何も知らないでいる」というのがこの映画のメッセージである。言いたいことはわからないでもない。確かにタリバンのやり方はハッキリ言って間違っていると思う。女性が教育・労働・外出を禁じられるというのはどう考えても非常識だ。ホントあんまりだと思う。ただ、その女性が不幸かどうかの結論を映画で見せるのも行き過ぎだし、それを世間に広げたいというのならドキュメンタリーで撮ればいい。家に閉じこもってるからって全員暗い顔でただ息してるだけってわけでもないんだし。そこは作り手や観客の傲慢に繋がる。『私の中のあなた』(過去記事)でも似たようなこと書いたが、病気の娘が同じ病気の男の子といいムードになった時にふとお母さん視点になる、その危険性。観客がお母さん視点で観てしまった時に生じる病気の子への上から目線、イニシアティブ。病気の子にしてみれば、母親は別として、あんたなんかに見守られる筋合いはないぜ、ってことだ。
その視線は立場が変わった時、いとも簡単に崩壊するもんだ。自分が与えていたと思っていたら、そうじゃなくなった時。それが必要ないとわかった時、自分の救済とは関係なしに「救われた(あえてこの表現)」時、自分を否定されたと感じるケースも少なくない。それが憎しみやらに発展して・・・。そういうのはホント、面倒くさい。それに、そういう気持ちはほとんど一過性のものにすぎない。
だからこういう扇動映画を観るときは充分に気をつけなきゃならない。それでストーリー紹介をわざと上のように陽気に書いてみたのさ。

まあ、一応お香屋の少年が未来の体現なんだろうかね。でもそれじゃあ物語として甘いですよ。この映画の場合は未来の体現を女性にしないと。女性で物語が始まり、女性であるがゆえに苦しんでと、終始女性という立場が中心に展開していくのだからね。


まとめ
ちょっと言い方悪いかもだけど、優等生な作品だよね。『アイ・アム・サム』(過去記事)みたいだね。賞狙いだね。リベラルアピールだね。ひゅーまにずむダイスキ! NHKダイスキ! スモウダイスキ!
でも、観て損は絶対にない。こういった現状があったと少しでも知るチャンスになれば、それでいいのだし、それはすごい価値のあることだ。


アフガン零年  amazonです。
地雷を踏んだらサヨウナラ  amazonです。
未来を写した子どもたち  amazonです。
私の中のあなた  amazonです。
アイ・アム・サム  amazonです。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。