FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生  時間を戻せたら・・・そんなこと誰でも考える

今日はずいぶんと暖かい一日でしたね。
大寒の日なのに・・・。東京の方では17℃あったそうです。し、信じられん。
そんな今日紹介する映画は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)』です。
情報はこちら→goo映画(とりあえずは本編観るのが一番です)

確か去年の今頃公開していたと記憶しています。
ファイト・クラブ(Fight Club)』以降ちょっと微妙な評判の巨匠、デヴィッド・フィンチャーの監督作と言う事で、注目度は高かったですね。わしもそれなりに期待して観に行きました。

ところが、内容はひどいものでした。まず、面白くない。しかも長い。それでいて、言っていることも当たり前のことだしそれ以上の何も伝わってこない。ある種、バトンが自己完結しているので観客に考えさせるということもない。
ただただブラッド・ピットが長い時間をかけてかっこ良くなっていくだけという、ひどい内容でした。

この映画を評価できるって人は、映画や業界に関わっているメイクアップの人ぐらいなもんでしょう。後は愛だの逆再生演出が斬新だの言う知ったかぶった人たちでしょうね。出征で息子を亡くしたオジサンが大きな逆刻みの時計を作るんだけど、それだけじゃオジサンの感情が全然伝わりませんよ。時間を戻せたら・・・なんて誰もが思いますもん(戻ってチケット買うのやめたいと思った)。ただ家族を戦争で亡くした人を出汁につかっているようにしか見えなくて非常に不愉快でした。こういう境遇の人を出せば皆同情するだろうっていう安易な考えがホント嫌いです(それでいて皆すぐひっかかる)。

確かに、想像を越えた悲しみだとかつらい事件っていうのがあっても、あ~時間戻したい!!って言うだけじゃあどうしようもないでしょう。それをメッセージにしたってなんの価値もありませんよ。映画ってそこじゃないでしょう。
それともう一つ。人物に魅力を感じませんでした。以上!


ベンジャミン・バトン 数奇な人生  amazonです。
スポンサーサイト

theme : 見た映画
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。