スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェノミナン  興味の持続

ネタバレします。








録画してもらってたまっているDVDの中から『フェノミナン(Phenomenon)』という映画を観ました。
NHKBSで入ったやつです。
ストーリーはこちら→goo映画(ネタバレですからね)

フェノミナ(PHENOMENA)』というイタリアンホラー映画がありますが無関係です。単語の意味はPhenomenon(現象)の複数形がPHENOMENAですが。

この映画はまあ簡単に言いますと、田舎で暮らす主人公のジョン・トラボルタ演じる平凡男ジョージが突然天才みたいになって、超能力までついちゃって、町で騒がれてですね、大変な事になっちゃうんですが病院へ行くと脳腫瘍だった。 という内容です(フェノミナも主人公が特殊な能力を持っているという点では一緒ですね)。

勿論、町に住む人たちとの交流や色恋、悩みなど人間ドラマも盛り込まれていて、見応えのある作品になっています。
ロバート・デュヴァルだとかフォレスト・ウィテカーなど役者も良いので結構引っ張ってくれます。
カメラワークも、まあつまらないぐらい正攻法だし(けなしてない)、田舎の風景も全然問題なく観れました。
音楽もちょっと個人的にはくどいかなあと思ったけど、至って普通です。豪華なぐらいです。

ところが、ある場面を境に一気に物語への興味が減退しました。それは、物語の第三幕目、主人公が脳腫瘍を告げられる場面です。
そのシーンでわしは一気にテンションが下がりました。テンションが下がったなんて言ったら主人公に同情してるとかって勘違いされるな。えーと、興味の持続が続かなくなったんです。そこからは放物線を描くように落ちて行きました。
その理由はおそらく、そのシーンまで説明なしの何がなんだか全くわからないというストーリーだったのが、突然、ほんの一瞬で物語の方向性やそれまでの原因の説明など、あらゆる事柄を決めてしまったからでしょう。
簡単に言えば、
「なんだ、そういうことだったのか、じゃあ後はこうなるな」
という気持ちになってしまったんです。これはちょっと構成の失敗なんじゃないでしょうか。こういうのはホントのラスト間際に持ってくれば有効だと思うんですが・・・。

脳腫瘍で超能力がつくのは無理な話だとか言う人もいますけど、別にそういう事は問題じゃありません。そんなこと言ってたら映画なんて撮れないですよヾ(ーー )


フェノミナン  amazonです。
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。