スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー決まったんだぁ

アカデミー決まったんですね。
作品賞はハート・ロッカーですか。

なんかちょっとホッとしたかも。
だって、アバター映像凄すぎるけど、それは視覚効果とか撮影部門であって、やっぱ作品賞とは違いますもん。

でも、いっぱい賞とりましたねハート・ロッカー。
っていうか、監督のキャスリン・ビグローって、若くない??
美人ですよねこりゃ。
まあ『やおい』大好きっていう印象はあったんだけど、58歳には見えないっす。

あら、日本でもアカデミーやってたんですね。知らなかった・・・。
って、えーーーぇぇぇ!監督賞に劔岳ぇぇぇぇ?!なんじゃそりゃ?
・・・他にないのか。そっか、そうだよなあ。
アニメもサマーウォーズか・・・。今年も不作だな。いや、今年は不作だな、にしとくか。

去年は何かと話題になったおくりびとがあったし、ぐるりのこととかは良かった。
今年は? ノミネート作を見ると・・・。なにそれ?ってのが多い。
知らないのや、それノミネートすんの?ってのばかり。
で、あれ?愛のむきだしは?愛のむきだしがないぞ。何で?
ノミネートすらされてないσ( ̄、 ̄=)
これにはさすがに笑うわぁ。やっぱダメかあ邦画。やっぱテレビ依存かあ。

なんとかなんないかなあ。だって、まったく魅力的なのないじゃん。つまんないっていうか。
楽しいのがない。
恥ずかしくなってきた。
大ピンチかもしれん、日本映画界。まじで。
深作欣二が生き返って、邦画界にカツを入れるっていうホラー作ったほうがいいよ。

ってもうこんな時間かよ。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

おやすみなさい

えつこさん、どうもです。

お金なんですね。産業ですからね。
でも、それだけじゃないのも確かです。産業だから需要と供給なんですが、需要にも少し問題があるんですよ、きっと。

テレビ局がいっぱいお金を出すもんだから、映画もそっちよりになっちゃうんですよね。そんなテレビ局の宣伝に視聴者(需要)も洗脳されていってる気がします(大げさかな?)。白い巨塔見たら「医者は悪い奴らだ」って思う感じです。
僕の学校でも、まずテレビ業界の用語とか常識を勉強しました。変な世界です(笑)

邦画について

こんばんは。初めてコメントします。
私も今の日本映画はとても不満だし不安です。

ディア・ドクターは小品ではあるけどいい作品だったと思います。そんな作品でさえ、脚本を書くために予算がおりない。(←ディア・ドクターの原作(正確には原作ではない)本のあとがきで西川監督のぼやきが書かれてました)

ドラマや漫画やベストセラーの映画化ばかりで、オリジナル作品を作れる環境ではないのかな。

また遊びに来ます~

諸悪の根源

どうしてお隣の韓国の映画はあんなに良く出来ているのに、邦画はレベルが低いんだろう…。

一昔前の、いわゆる暴力映画とかエログロ映画を作っていたころの邦画は元気だったって聞きます。それがどうしてこんなにしぼんだんだろう。『20世紀少年』みたいにテーマはいいのにグダグダな映画とか、『かめも食堂』みたいにつまんないひきこもり映画とか、『恋空』みたいにIQが1桁な映画ばかり。どれも、劇場でやるなよって作品ばっか。でも、そういうのに需要があるんですよね。

こんばんは。

私も『ハート・ロッカー』で安心しました。
『アバター』で作品賞なんて持ってかれたら
アカデミー賞を疑うようになってしまいますから。

日本の映画も頑張ってほしいです。
…と言いつつ、日本の映画は最近
こっれきし観ていないのですが…。
食わず嫌いにならないように気をつけなければ…。
プロフィール

ホモルカ

Author:ホモルカ
札幌在住。おとこ。
ボケ防止でブログ開始。
ボケ担当。
学校で映画を勉強。
でもブログは好き勝手書くよ。
映画について質問あればコメントくださいな。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。